バイアグラの錠剤

バイアグラとは? そして効果も同じなのに薬価が安いバイアグラジェネリックとは?

バイアグラとは?

バイアグラとはED(勃起不全)治療に用いられる世界的に評価の高い男性機能回復薬です。勃起不治療薬としては世界で初めて製品化され、1998年1月にアメリカ合衆国で発売されました。青く、菱形の形状の薬ですが、この青いコーティングに包まれた中身は白い薬です。バイアグラは薬価基準未収載であるため、保険適用外の薬剤に区分されてしまい、国内のどの医療機関で処方を頼んでも、保険証が使えず、自費診療扱いになります。そのため、1剤あたりの薬価が高く、購入を躊躇ってしまうというデメリットがありました。

発売当初、日本でのバイアグラの入手は個人輸入に頼らざるを得なかったため、禁忌や副作用について情報がほとんどありませんでした。そのため、併用禁忌薬である硝酸剤と併用してしまうなど、用法を守らないために重篤な副作用を発生させる事例が急増してしまったため、日本でも早急にバイアグラの製造販売を承認しなければ、という声が強まり、申請からわずか半年間という異例のスピードで認可され、米国での発売から1年後の1999年3月23日に日本国内でも販売が開始されることになったのです。そして国内での発売から現在に至るまで、勃起不全に悩む多くの男性の心の支えとなっています。

日本国内で承認されているバイアグラの規格は、25mgと50mgの2種類があります。日本以外の国では100mgまで認可が降りてますので、100mgのバイアグラというものも発売されています。そのため、日本での正規品ののバイアグラには100mgが存在しません。薬効成分はそのため、国外のものの方が多くなりますが、日本人は体が小さいため、25mgでも充分な効果が得られることが多いです。

バイアグラの薬効成分は?

バイアグラに含まれる主な薬効成分は「シルデナフィル」といいます。シルデナフィルの成分量で「バイアグラ25mg」、「バイアグラ50mg」と分けられているのです。「バイアグラ50mg」の場合、1錠あたりに含有しているシルデナフィルクエン酸塩は70.32mgになり、バイアグラの薬効成分であるシルデナフィルが50mg含まれています。バイアグラ25㎎はシルデナフィルが25mg含まれており、バイアグラに含まれている薬効成分の量により、名称が変わります。

薬効成分シルデナフィルは勃起不全改善以外にも効果があり、「レバチオ」という薬に含まれています。レバチオは難病指定されている肺動脈性肺高血圧症の治療薬として日本の厚労省から認可されました。レバチオはシルデナフィルクエン酸塩28.090mg中、シルデナフィルを20mg含んでおり、一日に三回飲む薬剤です。レバチオは2008年に発売された薬剤ですので、バイアグラの薬効成分シルデナフィルが肺動脈性肺高血圧症に効果があることがわかり、発売されたのでしょうね。

バイアグラの効果と効能は?

人間の体内には勃起を抑制する酵素があります。この勃起を抑制する酵素が優勢になると勃起不全に陥ることがあるということです。バイアグラに含まれるシルデナフィルは、勃起を抑制する酵素の働きをブロックすることで勃起を促進します。勃起を促進する効果がありますが、バイアグラを飲んだだけで勃起することはありません。外的な性的興奮を脳が感じて陰茎に指令を出さない限り、勃起には至らないのです。ですので、バイアグラを飲んだからといってずっと勃起したままにはなりません。性的興奮や刺激を受けて初めて勃起に至るので、安心して服用することができます。

誤解をしている方もおられますが、バイアグラは精力剤や媚薬と呼ばれるものとは違います。精力剤や媚薬と呼ばれるものは一般的に性的な興奮を増大させる効果があると考えられていますが、バイアグラは薬効成分のシルデナフィルが血流を改善して勃起を促進する薬剤です。ですので、女性には効果がないとされています。医学的、心理的裏付けが無いので憶測の域を出ていませんが、血流が良くなることにより女性器周辺の神経が敏感になり、性的感度が上がることもあるのでは、という意見もあります。

バイアグラより安くて効果も同じなのに激安なバイアグラジェネリックについて

先ほども書いたようにバイアグラはED(勃起不全)治療に非常に効果的であり、世界初の薬画期的な勃起不全治療薬です。ですが、国内においては保険証が適応されず薬価が高くなってしまうので、勃起不全の悩みはあるけれどバイアグラが高くて治療を受けることに躊躇してしまう… と言った問題がありました。また男性にとって深刻な悩みのひとつではありますが、人に相談がしにくいため、一人で抱え込んでしまい、心因的な原因により勃起不全がより深刻になってしまうことが多かったのです。

みなさんは「ジェネリック医薬品」というものはご存知でしょうか? CMなどで耳にしたり、治療を受けている方は薬剤師さんや医師に勧められたことがあるかと思います。

薬品はまず、特定のメーカーが最初に開発します。そして国の承認を受け発売した、従来まで無かった薬効成分を持つ薬を「先発医薬品(新薬)」といいます。一般的に先発医薬品の開発には、長い時で十数年にもなる研究期間と臨床試験を経て発売に至ります。そのため新薬の開発には莫大なコストがかかるため、新薬をできるのは大手の医薬品メーカーに限られているのです。

そして新薬を開発した企業は、医薬品の構造や製造方法などについて特許権を取得し、新薬の特許期間の20年は独自に開発した薬の製造、そして販売を独占することができます。新しい効果がある薬が一種類しかなく、薬価が高いのはこのためです。そして新薬の特許が切れた後、最初に開発した医薬品メーカー以外の医薬品メーカーが製造や販売するものを「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」といいます。


バイアグラにもジェネリック医薬品は存在します。ここ近年のことではありますが、バイアグラの薬効成分の特許が切れ、さまざまな医薬品メーカーからバイアグラのジェネリック医薬品が発売されました。

ジェネリック医薬品は薬価も安く、また効果も同じとされています。

されています、と表記したことにはわけがあります。ジェネリック医薬品は殆どが「薬効成分のみが同じ」ものなのです。医薬品の特許には種類があり、薬効成分についての特許のみが切れたものがジェネリック医薬品として発売されることが比較的多いと言われています。つまり、薬効成分は同じでも色や形状、カプセルの形やコーティングの色については特許が切れていないため、全て同じものがジェネリック医薬品として発売されるわけではないのです。臨床試験においても「効果には差が見られない」とされ、殆ど効果に差異は見られないが、同じとは限らないということなのです。ジェネリック医薬品に切り替えたらあまり効果が感じられなかった、ということが起こるのもこのためです。

ただ、この差は必ずしも悪い方向に向かうわけではありません。新薬を飲んでいたけど、ジェネリック医薬品に変えたら新薬よりも効果があった、という例も多くみられるのです。

先ほども記述した通り、「効果には差が見られない」とされているので、実際の効果は飲んでみなければわかりにくいことです。薬価が安くなったとはいえ、気軽に試すというわけにはなかなかいきません。また口コミなどの評判も「効果があった」「自分には全然効きませんでした」といろいろな声があり、バイアグラのジェネリックを試してみようと思ってもなかなか踏み切れずにいるという方も多いのではないでしょうか。

また偽物も多く出回っており、バイアグラのジェネリック医薬品は国内で販売されていないものばかりなので、安心して購入できる環境ではありません。迷惑メールで来る「勃起不全のアナタに!」と書かれたメールなどから購入してしまうと全く効果のない偽薬を買うことになってしまったりします。


この「激安!バイアグラジェネリック通販」では私が実際に買ったバイアグラのジェネリックや、きちんとした医薬品を輸入販売している業者さんで売っている、口コミでも評判が高かったものを紹介していきたいと考えています。またあると便利なピルカッターなどの便利な道具についても紹介して、このサイトを見たみなさんが安心してバイアグラのジェネリック医薬品を購入できるような、今まで気軽に試すことのできなかったバイアグラを簡単に試せるようなサイトを作っていきたいと思います。

このサイトがあなたのお悩みの一助になれば幸いです。